IRENKA KOTAN 合同会社(本社:北海道札幌市、代表:種市慎太郎、以下当社。)は、東京都で多職能人材が集うデザインファーム事業を展開するコミュニティアンドプロジェクトグループ合同会社(本社:東京都港区、代表:岸本真行、以下CAPG。)との共創プロジェクトとして、北海道・札幌でITエンジニアを志望する高校生・大学生が学びと実践を通して、ITエンジニアとして成長し社会実装できる事業を生み出すスキルやノウハウを学ぶことのできるコミュニティ創造プロジェクト「未完Project」を5月10日より開始したことをお知らせ致します。

未完projectにおいて、当社は、代表の種市慎太郎の学生時代からの活動ネットワークを活かし、主に北海道の高校生・大学生の集客やコミュニティデザイン/運営を担い、CAPGは、代表の岸本真行氏のマザーズ上場経験とそのネットワークを活かし参加協力して頂く法人の開拓やアクセラレーションを担います。未完Projectは、北海道のテック・クラス(技術を習得するだけでなく、習得した技術を日々の生活や仕事に取り入れ、IT人材として活躍している層)を発掘・育成することを目指すテックコミュニティです。情報化がすすむ現代では、ICT の重要度が年々高まっており、最先端の技術を身に着け社会へと実装していく能力を持つ人材が求められていきます。北海道・札幌では高度なテクノロジー人材、特に優秀なテック・クラスが育つ場は未だ無くその必要は高まっています。 ITエンジニアを志す高校生・大学生を中心に学べる場を提供するとともに学んだ知識を活かす環境を、未完Projectを通して生み出します。技術力を持ち、それらを事業へと変えていくことのできる人材を育成していくことで、 循環性と持続性を持った新たなエコシステムを生み出します。

未完Projectのミッションについて

未完Project
では、以下の4つのミッションを掲げ、ITエンジニアの育成と地域における技術の発展に取り組みます。

  • 北海道でのテック・クラスの発掘と育成
  • 技術を活用した新たな事業の開発や創業支援

北海道におけるテック・クラス(技術を習得しするだけでなく、習得した技術を日々の生活や仕事に取り入れ、IT人材として活躍している層)を発掘・育成し、地域で活躍できるITエンジニアを育成します。新たな事業の開発や創業を考えているテック・クラスの支援をし、アクセラレータープログラムを進めるとともに、未完Projectの周囲で活動しているITエンジニアが活躍できる場を作り出します。

  • テクノロジーを身近に感じる市民文化の醸成

未完Projectが開催するイベントや実験の場を通して、札幌市民がテクノロジーに触れる場を設け、先進的な技術が身近に感じることのできる文化を醸成します。

  • 地域のテック・クラスとハイレベルな企業との接続

首都圏をはじめとした先進的技術を最大限に活用しているハイレベルな企業をITエンジニア志望の学生に接続し、企業のもつナレッジや知見を引き継ぐとともに、企業が求める人材の紹介を未完Projectで行います。

未完Projectの名称について

未完Projectは高度なIT人材を発掘する場ではなく、ITエンジニアの志望者を発掘し、彼ら・彼女らが自走して活動できる人材に育成する場です。完成していないが、今後成長する伸び代のある人材を育てたい。そういった思いのもと「未完」の名称を採用しました。

未完Projectを札幌で立ち上げる理由

北海道・札幌を中心とした地域には技術情報系の教育機関が多いだけでなく、機械学習・VRと言った高度な先進技術を採用する企業も札幌には集積しており、技術に対して興味・関心を持ち、将来技術に関わることを夢見る学生が多くいます。しかしながら、そういった学生が伸び伸びと技術向上に取り組むことができるコンテンツやコミュニティはそう多くなく、人材育成や人材発掘の面において事業展開の余地があります。

未完Project情報サイト
「未完Project」公式ホームページ: cooming soon
「未完Project」公式Twitterアカウント: @mikan_prj ( https://twitter.com/mikan_prj )
「未完Project」ロゴ

CAPGについて

CAPGは,多職能人材が集う戦略的なデザインファームです。社会システムやビジネスの未来をデザインするコミュニティの創出やプロジェクトの実行を通じて、これまでの思考の枠組みを変える活動をしています。日本は未曾有の人口減少社会に突入し、課題先進国となっています。人口増加局面における過去からの予測や成功事例、これまでのビジネスフレームやビジネスモデルを用いるだけでは社会課題やビジネス課題は、もはやすべてを解決することなどできません。私たちはそういう立場をとっています。人口減少局面においてはニュータイプの時代を思索し、多種多様な知見や価値観を集結させ、世の中の価値や信念、態度を疑って「未来はこうもありえるのではないか?」という課題提起を起点とした思考の枠組みそのものを変えるような価値創造が必要だと考えているからです。
CAPGが取り組むプロジェクトは、持続可能な豊かさに満ちた未来をデザインすることを目的としています。日本各地の有形無形の資産の特性、得意を活かした新たな付加価値を創造し、海外や東京から地域社会への人や仕事の流れを生み出すきっかけや子育て世代や次世代を担う若者、子供たちへ様々な資産の移転のきっかけづくりに寄与することで、持続可能な豊かさに満ちた社会の未来を子供たちにつなげたいと考えております 


コミュニティアンドプロジェクトグループ合同会社

■代表社員:岸本真行

■本社:〒107-0062 東京都港区南青山3-15-9 MINOWA表参道3階 HarborS表参道内

■創業:2019年1月

■事業内容:多職能人材が集うデザインファーム事業

■URL:https://www.capg.co.jp/

■代表者略歴

1973 北海道札幌市生まれ

2001 上京

2016 株式会社イノベーションCFO職にて東証マーズへの上場を経験

2017 同取締役副社長COO職

2018 岸本真行事務所として独立

2019 CAPG,inc. 設立 同社代表社員

2020   株式会社L&C HOKKAIDO 設立 同社代表取締役

当社について

IRENKA KOTAN 合同会社

IRENKA KOTAN合同会社は北海道札幌を拠点とし、地域の様々なアジェンダに対し、若いクリエイティブクラスが活躍する街を提案する街づくり会社です。

当社が考える街づくり会社とは「街の未来を思考し実践する集団」と定義しており、地域や街の未来を自分ごとに思考するだけでなく、事業を通して実践して形にすることを目指しています。
当社ではクリエイティブな街をつくるために、「日本的なクリエイティブコミュニティの在り方の探究と実践」「日本のデジタルネイティブ世代の生態系の探究と彼らが活躍できるエコシステムデザイン」の2つをテーマとして掲げコミュニティ運営やメディア運営、教育、クリエイター支援などの事業を多数展開しています。


■代表社員:種市慎太郎

■本社:北海道札幌市北13条西4丁目志水ビル

■創業:2020年4月

■事業内容:地域の課題解決を目的としたコミュニティ運営や、プロジェクト運営

■URL:https://irenkakotan.co.jp

■代表者略歴

2001 北海道室蘭市生まれ

2018 弊社前身となる学生団体を札幌で創設

2020 IRENKA KOTAN合同会社起業

本件に関するお問い合わせ

IRENKA KOTAN 合同会社

担当:未完事務局
メールアドレス:mikan-prj@irenkakotan.co.jp